僕はどうしてこんなにiPhoneが嫌いなのか考えてみた

僕はどうしてこんなにiPhoneが嫌いなのか考えてみた

おはようございます、です。

僕はiPhoneが大嫌いです。
数年前にAndroidからiPhoneに替えたんですが、2年でAndroidに戻しました。
そこからiPhoneが嫌いになりました。iPhoneというか、Appleですね。

Apple滅びればいいのに、ってくらい嫌いです。

じゃあなんでこんなに嫌いなのか。考えていきます。

PCとの連携が圧倒的にダメ

僕はバンドをやってて音源を配る機会が多いのですがiPhoneユーザーの人への対応にはいつも悩まされます。
PCを持ってる人ならメールで送れば済む話なのですがiPhoneしか持ってない人にはどうすれば良いかいまだに分かりません。

Dropboxとかファイル共有アプリ使えば良さげなんですが、相手にアプリを入れさせて使い方を教えるのも面倒すぎます。

僕自身もiPhoneを使ってた時はPCとのファイルのやり取りでかなり消耗しました。
基本的にiTunesと同期してやりとりする感じじゃないですか。でもアレって音楽とか動画とか一部のファイルだけなんですよね。
しかも操作も分かり辛い。iTunesサービス終了とのことで今後どうなるのか少し楽しみです。

で、話を元に戻すとAndroidだったらPCにつないでファイルコピーするだけで済むのに、ってことですよ。

SDカードが使えないのも痛い。僕はクラウドを信じてないので自分のデータは必ずローカルに保存しときたいのです。
iPhoneには十分なメモリが内蔵されてますが前述のPC連携がダメダメすぎるのでスマホのデータをハードディスクにバックアップする作業なんて絶対したくありません。

Appleの上から目線が嫌い

基本的にカスタマイズの幅が狭いじゃないですか。
「俺たちが考えた設計が最高だろ?最高なんだからいじらずこのまま使えや」って言われてる感がハンパない。
そのくせ使い勝手をコロコロ変えてきやがる。

文字入力の不満はずっと前から言われ続けてることなのに頑なに改善しようとしない。

ファイル操作もできないに等しい。
「エクスプローラー?お前らがどこのフォルダ見るんだよ?必要ねえよ」って言われてますよ絶対。

とにかく上から目線。独善の押し付け。そういったものをひしひしと感じます。

ITPが憎い

ブログやアフィリエイトをやってる人間なら誰しもが思ってることじゃないでしょうか。
まあユーザーにとっては良いことなのかもしれないのでこれは私怨レベルなのかもですが…。
でもこれによって多くの企業やASPが迷惑を被ってるのも事実です。

が、しかし日本のシェアは圧倒的にiPhoneでありsafari。ブログを作ってる者としてはiPhone上でのサイトチェックはほぼ必須作業となっています。

スティーブ・ジョブズが嫌い

ジョブズが生きていたら今のiPhoneはどうなっていたんでしょうか?
良くなってたとしたらジョブズ、ちょっと好きになるかもw

ジョブズのことはあんまり知らなかったんですけど、映画見たんですよ。
あれは映画だからきっと大げさに描いてるんですよね?
それにしたって人間性があまりにもひどすぎてドン引きです。大嫌いになりました。

今は嫌いという感情ですが、ひょっとしたら誤解があるかもという気持ちは多少抱いてます。

不満点が解消されたら?

ファイルのやりとりの不便さが解消されたら多少はiPhoneも選択肢に入るかもですね。
やはりあのヌルヌルサクサク感は素晴らしいですしゲームは安定して動きますし。

でも最近のAndroid端末も性能が上がってて、これといって動作に不満を感じる部分も少なくなってきてます。

やっぱり今からわざわざiPhoneに戻るメリットは何も感じないですね。iPhone、無駄に高いですし。
うん、僕はApple自体が嫌いなのでどうしようもありません…。
早く滅んでくれないかなあ。

スマホ/PCカテゴリの最新記事