楽器が何もできないボーカルへの不満

楽器が何もできないボーカルへの不満

こんにちは、です。

どのバンドでも、ボーカルに専念してる人は多いと思います。
その中で「楽器が何も弾けない」人もよく見かけます。弾かない、ではなく、弾けない、です。

正直言ってこのような人とバンドを組んで抱く感想は、99%の確率で「お前バンドやめちまえ」です。

何がダメなのか

最初に「ボーカルは楽器弾きながら歌うべき」なんてことは書いてませんからね。
それは好みやバンドの方向性で変わるものです。
むしろボーカルは歌に専念してほしいし、自分もそうありたいと思ってる派です。

では「楽器が弾けないボーカル」の何がダメなのか。僕の20年にわたるバンド人生の経験から考えていきます。

基礎がない

ボーカルになる人の多くは、カラオケで上手いと褒められた経験があります。
本人はそれでいい気になっちゃって、バンドでもボーカルやれると思っちゃうんですよね。

でも誰から褒められたんでしょう?音楽経験のある人から褒められたならまあ自信を持って良いでしょうけど(それでも社交辞令の可能性もある)、一般人の「上手い」はあてになりません。

いざバンドで合わせてみると、実はピッチ(音程)が悪い、リズム感がない、なんて人がゴロゴロいます。
それ自体は練習していくことで改善できるので大した問題ではありません。

本当の問題点は「自分のミスに気付けない」ことです。

楽器経験がある人なら、「あぁここはちょっとフラットしたな」とか「ジャストで歌えなかったな」と気付くこともできます。
ですがそもそも間違いに気付けないのでは向上のしようがありません。

もちろん、楽器が弾けなくても自分で気付いて修正できる人はいます。そういう人は是非バンド続けていってほしいです。ボーカル一本でやっていく才能があると思います。

なので基礎的な音程だとかリズム感を養うために最低限一つは楽器を覚えてほしいですね。
個人的には正確な音程感を会得するためにはピアノかキーボードをおすすめしますが、とりあえずやりたい楽器があればそちらを優先で構わないでしょう。

練習方法を知らない

歌が上手くなるにはとりあえずカラオケでも行って歌っとけばいいと思ってる人がほとんどです。これは半分正解で、半分不正解です。

たとえば楽器の初心者は、最初の1小節さえ弾くのが困難で何時間も何日も同じ一小節を練習し続けます。
これと同じ練習をやってるボーカルの人ってどれくらいいるのでしょう?

とりあえず歌詞さえ間違わなければまあ歌えるから大丈夫、くらいに考えてる人が多いのでは?

なまじ上手に歌えるだけに細かい部分をおろそかにしがちな傾向があります。
心構えとしては「少しでも音程やリズムがズレたらそれはもうミス」くらい自分に厳しくあるべきです。

ミスしたとこをどうする?二度と間違えないように練習しますよね。

どうやって練習します?ハイそこだけを繰り返して反復練習でーす!

メトロノームを使ったりアプリでABリピート(曲の指定した部分をずっと繰り返す機能)を使って納得のいくまで練習します。
これも楽器経験のない人だとなかなか実行しません(思いつきません)。

そもそもやる気がない

楽器を弾かない理由を聞くと、だいたいが「自分、不器用ですから…」と昭和チックな返事が返ってきます。
いやいや、みんな最初は不器用ですから。そこを乗り越えてますから。

最低限の労力で一番目立つポジションにいたい。ちょっと甘すぎてませんかねえ。
世の中のボーカルさんは大半が超努力してるし、すっごい苦労してますよ。はっきり言ってバンドで一番大変なパートです。
一番注目を浴びるということは、一番努力しないといけないってことです。

自分のパフォーマンス向上のために楽器の一つも覚える気がないって人は、それこそやめちまえって思いますね。

こんなボーカルは楽器できなくてもOK!

逆に、あなたはボーカルさえしてくれたら何の文句もありません!っていう人もいます。
唯一無二の、誰もマネできない何かを持っている人です。

そこに立っているだけで場を支配できる存在感だとか、圧倒的なパフォーマンスができる人だとか、なぜかすごい曲を書けるだとか。
要約すると、「なんかよくわからんけどすごい人」です。

ですがそんな人はごくまれです。それこそ99%は凡人で、みんな努力で伸びていきます。

あなた、もしくはあなたのバンドのボーカルが当てはまるかどうかは、実際にライブをやってみてお客さんの反応を見るのが一番でしょう。

そんなすごい才能のある人でも、楽器は覚えといて損はないですけどね。

ボーカル側の言い分

とはいえ、ボーカルの人としても異論があるでしょう。重複する部分もありますが改めて考えていきます。

弾けないから、ヘタだから

みんな最初はそうなんです。ヘタなんです。指が短いってのも言い訳。指の短さを測ってギネスに認められたらその意見は受け入れます。
誰かにヘタとバカにされて、そこで落ちるようでは先がありません。

見返すくらいの負けん気がないと、歌も伸びにくいのでは?

お金がないから

これは切実な問題ですね…。
お金がないなら仕方ありません。

でも最近じゃギターもキーボードも初心者用でしたら5000円ちょっとで買えますよ?
それも買えないんだったらどうやってバンド活動していくんですかね…。

まあ初心者はなるべく良いものを買いたいという気持ちもあるんでしょうけど、初心者用からステップアップしていくのもまた楽しいですけどね。

披露する予定がない

これはモチベーションという意味ではかなりキツいですよね。「どうせ誰にも聴かせるわけでもないし、まあいいや」ってなっちゃいます。

それでも先を見据えて、いつ「楽器を弾きながら歌ってほしい」という要望がくるかわからないので、とりあえず練習は続けてる!という人もいます。

ライブが決まって、楽器弾かないといけない!でも経験ゼロ!という場合、だいたい間に合わずにへっぽこりんな演奏になります。

楽器じゃなくて歌を歌いたいんだ!

これは前向きな理由でとても良いと思います。楽器を練習する時間があるなら歌を練習するんだ!っていう強い意志を感じます。
こんな人はバンドじゃなくて歌い手が向いてそうです。バンドである必要性はあまりないように思えます。
行き詰まったら楽器を始めてみるという選択肢もありますよ。

楽器隊からの意見

やはり楽器隊からしてみたら、ボーカルの意見が欲しいです。その時に具体的な意見だと助かります。
「なんか、歌いにくい」って言われてもちょっと困ります。

そんな時、ボーカルに楽器経験があると「そこのベースライン、ちょっと変えてみない?歌と噛み合ってない気がする」みたいな事がボーカルは言えるわけですよね。

楽器に詳しくなればなるほど、バンドメンバーとのコミニュケーションがスムーズになります。スタジオで余計な時間を取られずに済むわけです。

 

まあボーカルがバンドに一切口出ししないってパターンもありますけど、それってバンドなのかな。

バンドでいちばん大事なのはボーカルなので、そこは自分が歌いやすくなるようにあれこれ注文をつけてほしいとこです。

というわけで、楽器を弾けないボーカルに対する不満でした。

音楽/バンドカテゴリの最新記事