Cakewalkで音が出なくてドツボにはまった話

Cakewalkで音が出なくてドツボにはまった話

Cakewalkに限らずどのDAWソフトでも初心者がつまずくのが「音が出ない問題」です。
Youtubeなんかだと何も意識せず普通に音が出るのに肝心の音を操るソフトで音がでないってのはどういうことさ?
というわけで最初からきちんと考えていきましょう。

音はどこから出ている?

まず、PCの音って普段はどこから出ているか考えてみます。
タスクバー右下の音量のアイコンを右クリックし、「音量ミキサー」を開いてみましょう。
音量ミキサー
上図の下向き三角をクリックすると、現在使用されているデバイスが表示されます。
出力デバイスの確認
僕の場合は、「Realtek Digital Output(Optical)(Realtek High Definition Audio)」というのが選択されています。
光出力からアンプに繋いで音を出しているのでこれで間違いなさそうです。

Cakewalkの設定を確認

では、Cakewalk側ではどんな設定になっているのでしょう?
Cakewalkの適当なプロジェクトを開いたら、
cakewalkの環境設定
環境設定画面が開きますので、
オーディオの項目から、「デバイスの選択」の出力デバイスを確認してみます。
出力デバイス欄
僕の環境では何も出てきませんでした。
どうやらこの状況では、何をどうやっても音は出ないようです。

DAWの場合は次からがミソで、ドライバとは別にドライバモードというものが存在します。
同じく環境設定画面で
オプション→ドライバモードを確認してください。
cakewalkのドライバモード
僕の場合、ここが「ASIO」(アジオ)になっていました。これを
WDM/KSを選択
これを「WDM/KS」に変更してOKにするとオーディオデバイスの確認画面が出てきます。
もう一度環境設定を開き、デバイスの選択を見てみると…
デバイス多すぎ
わさ~っと出てきました。多すぎじゃい。出力だけでなく入力デバイスもたくさん出てきました。
とりあえず最初で確認した光出力のみにチェックをしてOKで閉じてみます。
光出力のみを選択
するとこんな画面が出てきました。
オーディオデバイスのエラー
なんじゃこりゃ…。とりあえず無視して続行を選んでみます。
またよくわからないエラーが出てきましたがOKで先に進みました。

泥沼

果たしてこれで音は鳴るのでしょうか。試しに適当な音声ファイルを鳴らしてみます。

・・・

鳴りません。

レベルメーターも全然振れていません。
レベルメーター
本当だったら赤丸の部分が音に合わせて上下に動くはずなのですが無言っ・・・!
まだ設定がおかしいようです。
次はレベルメーターの下を変更してみます。
出力なし
この、— None —の箇所を
光出力に設定
自分の普段使うデバイスに変更してみます。
そして、再生。

・・・・

またしても無言っ・・・!

むむむ。こうなりゃ総当たりです。
再び編集→環境設定からオーディオデバイスの選択に進み、
全てにチェック
HDMI以外の全てをチェック。HDMIにチェック入れるとモニターから音が出てきそうなので。

結果から言うと、音は鳴りました。
でも出力の設定は光出力のまま。
他のAudio outputを出力に設定しても、レベルメーターは振れますが音は鳴りませんでした。

一つ分かったのは、環境設定の「デバイスの設定」で、「再生タイミングマスタ」を光出力以外にしないと音がプチプチになってまともに聞けないというものでした。
再生タイミングマスタ
上図の1~4どれを選んでも音は鳴りました。
とりあえず、音は鳴ったので良しとしましょうか…。

ドライバモードの違いを理解する

これはもう地道にイチから勉強するしかないなということで、きちんと理解できるまで勉強しまーす!
まず、最初に選ぶドライバモードのそれぞれの違いを理解しないといけませんね!

WDM/KS

Windows Driver Model / Kernel Streaming
の略です。
低レイテンシー、高音質がウリとのことですが現状はASIOやWASAPIを使うことが多いようです。
試してみましたが、そんなに低レイテンシーか…?という印象でした。

WASAPI排他

Windows Audio Session APIの略で、ワサピと読みます。
Windows VISTA以降に導入されました。
CakewalkはWASAPIに対応しているため、専用のオーディオインターフェースを導入しなくても比較的高音質で音楽制作が楽しめます。
排他モードは1つのソフトが音を専有するという意味で、例えばCakewalk使用中は他の音(Youtube、メディアプレイヤーなど)は一切鳴りません。
その分高音質になりますので、音楽制作に集中するならWASAPI排他かASIOでしょう。

WASAPI共有

同じワサピでも、こちらはCakewalk使用時でも他のソフトの音を鳴らすことができます。
音質は排他モードに劣るものの、正直言って使い勝手が良いので僕はこっちを使ってます。
だって音質の違いが分からないんだもの…。はいはい糞耳糞耳。

ASIO

Audio Stream Input Outputの略で、低レイテンシーで高音質といえばASIO。
音楽制作の場ではASIO一択という声もあります。
元々プロ仕様の規格だったらしいので音質は保証済み。
ただし、ASIOに対応したデバイス(オーディオインターフェースなど)が必要になります。

MME(32-bit)

MultiMedia Extensionsの略で、Windows初期の頃から使われてきた由緒ある(?)APIで、現在はわざわざこれを使う理由は特に見当たりません。
これ以外利用できない!といった場合に使うくらいでしょう。

結論:状況に応じて使い分けよう!

結論としては、音楽制作においてASIOが使える環境ならASIO、そうでないならWASAPI排他ということになります。
ですがASIOとWASAPI排他は他のソフトの音が一切聞けなくなるというデメリットも。
なのでそこまで音に集中する必要がない場合はWASAPI共有で、グッと集中したい場合はASIOかWASAPI排他を選べば良いでしょう。

ということで、とりあえずWASAPI共有

僕の場合はまだCakewalkの基本的な動作もよく分かってない状態なので、音質やレイテンシーを気にするのは当分先の話だろうと思うので使い勝手重視のWASAPI共有を選びました。
すると、入力/出力デバイスの選択の欄もなぜかスッキリしました。
WASAPI共有に変更後のデバイス選択画面
あれこれいじるうちに気付いたのですが、Cakewalkの初期状態では、各トラックの音は一度マスターというバスを経由して出力されます(自分で変更もできます)。
なのでもし音が出ない場合はマスターの出力も確認してみると良いでしょう。
Cakewalkのmasterってどこ?
1が「現在選択中のトラックの音の出口」です。
[Master]となっているので右の[Master]バスに送られます。

2で[Master]と表記されているのでここが[Master]だということが分かります。1で送られた音がこちらにやってきます。なのでここの設定がおかしいと何の音も鳴らないわけですね。

3で[Master]自身の音の出口を選択します。
僕の場合は[Realtek Digital Output(Optical)]なのでこれを選択しました。

新しくトラックを追加した時も、音の出口は必ず[Master]に行くようになっています。

要は、音というか信号の流れを把握することが大事なのですね。

無料で出来るCakewalk講座カテゴリの最新記事