CakewalkでStandard Guitarを使う(基本操作編)

CakewalkでStandard Guitarを使う(基本操作編)

この記事は↓の記事の続きになります。

Standard Guitarのインストールが終わりました。それでは実際に音を鳴らして基本的な使い方まで覚えていこうと思います。

Standard Guitarの音を読み込む

まず、sforzandoを起動します。
sforzandoを起動する

sforzandoが起動しますが、この時点ではまだ何も音は出ません。
sforzandoのメイン画面
ではStandard Guitarを読み込みます。

左上の[INSTRUMENT:empty]となっているところをクリックし、
User→Ui_Standard_Guitar_V2→Standard_Guitar_V2→KSOP→#Standard_Guitar_V2_KSOP
を選択してください。
Standard Guitarを選択する
読み込みが始まります。少し時間がかかり、場合によってはちょっと「応答なし」ってなるかもしれませんが気にせず待ちます。

読み込みが終わるとsforzando下部の鍵盤に色がつきます。
sforzandoの鍵盤
やっとこれで音が出るのかと思いましたが、この時点ではまだ音は出ませんでした。
個人的にはここから先を理解するのにけっこう苦労しました。

基本的な操作

それでは、いよいよ音を出していきます。
sforzandoの鍵盤の灰色部分の“D1”をクリックしてから白鍵盤をどこでも良いのでクリックして下さい。音が鳴るはずです。
Standard Guitarの基本1
これは、灰色部分の”D1″が「これからオルタネイトピッキング(アップダウンのピッキングを繰り返す)で鳴らすよ」という合図みたいなものです。
なのでD1を押しても何も音は鳴りません。

この灰色の鍵盤部分が「キースイッチ」と言い、奏法を変更します。

ですからStandard Guitarの大まかな流れとしては
「奏法を選ぶ」→「音を選ぶ」となります。
図で示すとこんな感じです。
Standard Guitarの音の並び
効果音は「ピックスクラッチ」や「フレットノイズ」など、”ギターあるある”な効果音が詰まっています。どれも使えるので鳴らしてみてください。

キースイッチの一覧はStandard Guitarのヘルプファイルに収録されてるので割愛しますね。
で、現在どのキースイッチが選ばれているかは[INSTRUMENT:]の下の[K-SWITCH]で確認できます。
Standard Guitarのキースイッチ

ピアノロールで実際に打ち込んでみる

それでは打ち込んでみます。
音を先に聴いた方がイメージが分かりやすいと思うのでまず聴いてみてください。

ええ、ショボイしダサいのは分かってますよ!分かりやすさ最優先だとこうなるんです!w
一応7弦ギターをイメージして打ち込んでますよ。いっちょまえに。

ではピアノロールをごらん下さい。
Standard Guitar用のピアノロール
①で奏法を指定し、②で音程を指定しています。
①の最初のD#1でブリッジミュートのダウンピッキングを指定。上の画像のD1の半音上なのがわかりますよね。
次のD1で普通のオルタネイトピッキングを指定しています。

なぜ2小節目から打ち込んでるのかというと、そっちの方がいろいろと上手くいくからですw
もし奏法がうまく反映されない場合は半拍手前とかにずらして打ち込んでみてください。

打ち込む際にキースイッチを確認しながら作業したい場合は、sforzandoの画面を固定してウィンドウサイズを小さくしてやれば捗りますよ。
sforzandoを前面に固定する
↑このスイッチでsforzandoを固定して、

ウィンドウサイズの縮小
↑ウィンドウサイズを小さくして、

sforzandoを小さくした
↑こんな感じでキースイッチを確認しながら入力できます。
自分のやりやすい方法を探してみて下さい。

音楽/バンドカテゴリの最新記事